民間との料金の差

入会金ではどれくらいの差があるか

結婚相談所サービスは、男女ともに最初にサービスに入会し、それ以降継続的にサービスを受ける仕組みになっています。入会をするときに一定の料金が必要になり、それ以降も月会費、年会費などが必要になるときもあります。一般的には民間サービスが知られていますが、実は各地自体も一定のサービスを行っています。中には民間サービスにかなり近いサービスを行っているところもあります。民間サービスの入会金は、数万円から10万円を超えるものもあります。自治体が行うサービスは、入会金自体は無料の所が多いです。ただ、民間サービスのように登録や相手の希望などを伝えられるところは1万円ほどが必要なところもあります。その分紹介などをしてもらえます。

毎月の費用や成婚料などがあるか

結婚相談所サービスは、基本的には結婚相手が見つかるまで利用するのを想定します。一度入会すると毎月会費を払うとサービスを受け続けられます。民間サービスだと毎月の費用もそれなりにかかり、さらに成婚料なども掛かります。意外に知られていないのが自治体が行っている公的な結婚相談サービスです。各自治体ごとに内容が違うため確認が必要ですが、民間サービスが少ない地方の方が本格的なサービスを受けられる傾向にあります。入会金が必要なところもありますが、毎月の費用などを設定するところは少ないです。成婚料などもなく、あくまでも相手の紹介や、パーティーの開催などを中心に行ってくれます。地元の自治体で行っているなら検討してもいいかもしれません。

結婚相談所を大阪で探す方法はおすすめです。会員が多い結婚相談所がたくさんありますので、希望の条件とぴったり合うパートナーと出会えます。